美容整形するなら東京の美容外科|優秀な医師を見つける

婦人
  1. ホーム
  2. 切る方法と切らない方法

切る方法と切らない方法

ドクター

自分の顔の中で、コンプレックスのある部位はどこかと訊かれ、多くの人が答えるのが意外にも「鼻」です。鼻は目のように目立つ部位ではないので、お化粧の際にも気にしないという人は多いでしょう。ところが、鼻は顔全体の印象を決定づける要因ともなるため、美容の観点から見ると大きなウェイトを占めているといえるのです。鼻は顔の立体感や印象を決める部位です。鼻が低いと、顔全体がのっぺりとした平面のように感じられてしまいます。また、小鼻が広がっている団子鼻の場合、鼻が横に大きく見られやすくなります。団子鼻により鼻が悪目立ちすると、目元などにどれだけお化粧をしても人の目は形の悪い鼻に集中してしまうため、不美人に見られやすくなるのです。鼻の高さや形はお化粧などで対処することはできません。どうしても自分の鼻の様子が気になるというのなら、東京の美容外科で施術を受けるとよいでしょう。安く利用ができる「切らない鼻翼縮小術」や、永続的な効果が得られるメスを使った鼻翼縮小術など、患者さんの希望でさまざまな施術を依頼できます。

東京の美容外科で利用できる「切らない鼻翼縮小術」は、埋没法同様に針と糸を使って行なう施術です。鼻の穴の間を仕切る部位の「鼻中隔」を糸で補強することで、鼻を高くすることができるのです。糸によって低い鼻を前方へ突き出させる方法なので、団子鼻などの低い鼻でも高くスッキリとした印象の鼻に改善できるのです。メスを使用しない鼻整形の方法といえば、ほかにもヒアルロン酸注入による隆鼻術があります。ヒアルロン酸を使った施術は鼻根部などには有効ですが、鼻先に注入するとヒアルロン酸が鼻先全体に広がり、余計に団子鼻が大きくなってしまいます。切らない鼻翼縮小術は鼻先を高くする施術に向いているので、体や金銭面の負担を掛けずに鼻を高くしたい人におすすめの施術です。一方で、東京の美容外科はメスを使った施術も行なっています。切らない施術によっても鼻の高さは変更可能ですが、鼻の形状や患者の希望によっては、切らない施術での対応が難しい場合があるのです。切る鼻翼縮小術は、鼻を大きく見せている軟骨の一部を切除することや、鼻先の脂肪吸引をすることで行ないます。高い施術効果が得られるほか、一度の施術で永続的な効果が得られるといったメリットがあります。東京の美容外科では、本人の希望だけでなく、施術後の仕上がりなどを考慮した上で、本人にとって最適な施術方法を提示してくれます。施術を受ける際には、頑なに自分の意見を通さず、医師の意見をしっかりと聞いた上で行なって欲しい施術を選びましょう。