美容整形するなら東京の美容外科|優秀な医師を見つける

婦人
  1. ホーム
  2. 目元の美容整形

目元の美容整形

医者と看護師

美容外科で受けられる施術の中で、最も人気なのが二重整形です。現在主流の二重整形といえば、いわゆるプチ整形などとも呼ばれる「埋没法」でしょう。この埋没法は、簡単にいえば針と糸でまぶたを縫い止める施術です。一昔前のメスでまぶたを切開する方法とは違い、施術に要する費用や時間、負担も大きく軽減できる施術となります。今では東京を始め、多くの都道府県にある美容外科でこの施術は受けられます。安い費用で気軽に施術を行ない、二重を作る糊やテープを使わず綺麗な二重を維持できるのが魅力です。目への施術と聞くと、多くの女性がためらってしまうでしょう。しかし、東京の美容外科で行なう埋没法は、部分麻酔のほか、麻酔注射の痛みを和らげる笑気ガスの併用も行ないます。ほとんど痛みを感じず安心して施術を終えることができるのです。治療後は多少の腫れと痛みが続きますが、美容外科で処方された痛み止めを飲むことで痛みの問題は改善します。腫れもおよそ1週間で収まるため、日常生活に大きな影響が及ぼされることはないでしょう。

二重整形の次に人気なのが、「涙袋形成」です。テレビに出演する人気の女優やアイドルなどは、目元に大きな涙袋がある人が多いです。こうした涙袋は、目を大きく見せる効果があるほか、見た目を若々しく見せ、笑顔も可愛らしい印象をもたらすとして、現在多くの女性に注目されています。東京の美容外科では、この涙袋の形成も請け負っています。目の下にヒアルロン酸を注入することで、理想どおりの大きな涙袋をつくることができるでしょう。しかし、ヒアルロン酸について「体に悪いものなのでは」と懸念を抱く人もいるでしょう。このヒアルロン酸は実は人体にも存在する物質であり、人体へ影響が現れることは少ない安全な施術といえるのです。東京の美容外科では、目の大きさや顔のバランスなどを計算しながら、ヒアルロン酸を注入する量を決めます。目をより魅力的にしたいからと、たくさんの量のヒアルロン酸を注入すると、いわゆる「ナメクジ」が出来あがってしまいます。東京の美容外科では、こうした不自然さを回避しつつ、目が魅力的に映えるよう少しずつ注入し、理想的な仕上がりの施術を行なってくれるでしょう。